Blog記事一覧 > 障害・病気・治療 > 前庭神経炎 めまい

前庭神経炎 めまい

2012.10.29 | Category: 障害・病気・治療

昨日、夕方から目がグルグル。

回転性のめまいと言いますが、症状からすると、前庭神経炎からくるめまいのようです。

風邪のあとに起こる事があるようですが、めまいはかなりきついですね。

≪前庭神経炎とは≪≫

耳の平衡(へいこう)感覚を伝達する前庭神経が、

 ウィルスなどに感染したり、循環障害などにより起こります。

発症前にかぜをひいていた人が約半数いるようです。

≪症状≫

急激なめまい発作で発症します。

めまいは突然はじまり、じっとしていても自分や周囲の景色が

ぐるぐる回る回転性の激しいめまいです。

このめまいは24時間続きますが、発症後1日ごとに少しずつ治まっていきます。

そしてめまいは回転性から横揺れや浮遊感、ふらつき、不安定感へと変化し、

とくに歩いた時や体を急に動かした時にはっきりするようになるそうです。

当院へのアクセス情報

所在地〒359-1104 埼玉県所沢市榎町11-6
駐車場5台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号04-2924-3749
休診日木曜日・祝祭日