Blog記事一覧 > 障害・病気・治療 > さば 蕁麻疹(じんましん)

さば 蕁麻疹(じんましん)

2014.04.25 | Category: 障害・病気・治療

さばを食べたためか?疲れがたまっていたのか蕁麻疹(じんましん)が出てきました。

さばなどを常温放置すると、増殖した細菌により、さばに多く含まれるヒスチジンがアレルギーの原因物質であるヒスタミン産生菌が産生する酵素の働きで、ヒスタミンになります。

ヒスタミンとして100ミリグラム以上食べると、食中毒を発症するとされています。

そして、食べた直後から20分から1時間以内に、顔面、特に口の周りや耳たぶが赤くなったり、

じんましん、頭痛、おう吐、下痢などの症状が出ます。

重症の場合は、呼吸困難や意識不明になることもあります。

私は、まず腋窩→背中→腹→足と蕁麻疹が出てきました。

次の日、症状は治まりましたが、珈琲を飲んだためか、再び、首→顔→手と出てきました。

病院でお薬をもらい、井穴と言うところに鍼をさし、症状は落ち着きました。

こういう時は刺激物は避けたほうがいいですね。

20140425_134528

20140425_144507

20140424_192754

当院へのアクセス情報

所在地〒359-1104 埼玉県所沢市榎町11-5 榎町ビル1階
駐車場5台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号04-2924-3749
休診日木曜日・祝祭日