TEL

交通事故治療 加害者になった場合 | 所沢市・小手指・新所沢 榎町すこやか整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち施術 > 交通事故治療 加害者になった場合

交通事故治療 加害者になった場合

2018.12.29 | Category: 交通事故・むち打ち施術

≪加害者となった場合≫

交通事故を起こした場合、加害者も精神的なストレスを受けます。

以下の内容を落ち着いて対応しましょう。

1.被害の拡大を防ぎ、負傷者がいる場合は必ず救護しましょう。

2.警察に交通事故の状況を報告します。

  警察に報告しなかった場合、法的に罰せられる可能性があるそうです。

3.自動車保険会社に加入している場合には、保険会社へ交通事故の発生した

     日時、場所、事故の概要を連絡しましょう。

4.被害者に対して協力をしましょう。

しかし、決して加害者の言うなりにならず、泣き寝入りをしないためにも

当事者同士で、解決せず、警察、保険会社の指示に従い、

交通事故の対処の知識が有るか無いかでは賠償金額がかわってくる場合があります。

基本的な知識はつけておきましょう。

ぶつけようとしてぶつける人はいません。

ある日突然に、被害者や加害者になりうるのです。交通事故は突然にやってきます。

今までの幸せな生活が一気に崩れおちるかもしれませんので安全第一を!