TEL

インピンジメント症候群のテーピング | 所沢市・小手指・新所沢 榎町すこやか整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2019 1月の記事一覧

インピンジメント症候群のテーピング

2019.01.22 | Category: スポーツでのケガ,肩の痛み

野球、水泳などで肩の深部に痛みが出現する「インピンジメント症候群」があります。

インピンジメント症候群は、腱板や肩峰下滑液包が、肩の動きの中で、

烏口肩峰アーチ(肩峰、烏口肩峰靭帯、および烏口突起)に

衝突(インピンジメント)して発生すると考えられています。

腱板のなかでも棘上筋腱板が最も傷害されやすく、

最終的には腱の断裂に至ります。

ニアテスト(Neer test)と言う、

肩関節を内旋位で他動的に屈曲するテストで痛みがでたり、

インピンジメント誘発テストで痛みが出現します。

インナーマッスルと三角筋をサポートするテーピングが有効です。

TFCC(三角線維軟骨)損傷のテーピング

2019.01.22 | Category: スポーツでのケガ

テニスなどで起こる、手首の小指側の痛みにTFCC(三角線維軟骨)損傷と言うのがあります。

手をついたり、手首を小指側に倒す(尺屈)と痛みが増強します。

これは、尺屈するクセがあるために発症することが多いのです。

50mmの伸縮テープ10cm

親指側に手首を曲げ(橈屈)し、少しテンションをかけて

親指側にテーピングすることで痛みが改善します。