TEL

バレーボールのケガ | 所沢市・小手指・新所沢 榎町すこやか整骨院

お問い合わせはこちら

バレーボールのケガ

こんな症状でお悩みではありませんか?

上記のようなケガは、バレーボールではよくあることです。

バレーボールでは、ブロックやスパイクなどでジャンプする動作が多いですね。

レシーブでは中腰の姿勢になり、瞬間的にボールに飛びつくなど激しい動きをします。

治りが遅くて困っているなら、お早めに榎町すこやか整骨院までご相談ください!

当院は、多数のアスリートのサポートをしてきた実績があります。

バレーボールのケガについての専門的な知識や技術もあります。

資格を持つ施術師が担当しますので、安心してお任せください!

バレーボール以外のスポーツによるケガ、障害の施術にも取り組んでいます。

バレーボールのケガの原因は?

・使い過ぎ
・ストレッチ不足
・柔軟性の欠如
・疲労の蓄積

バレーボールのケガは、使い過ぎが原因でなることが多いのです。

筋肉の柔軟性が悪いと、ケガのもとになるでしょう。

そのため日々ストレッチが求められます。

柔軟性をつけておけば対策できます。

バレーボールで体を酷使すれば当然疲れますから、疲労回復も促しましょう。

翌日まで疲れを持ち越さないようにすれば、ケガもしにくいです。

バレーボールのケガの施術

榎町すこやか整骨院では、バレーボールのケガを改善するために次のような施術をしていきます。

・テーピング
・水分補給
・アイシング

初期の頃は熱を持って炎症しているため、アイシングがいいでしょう。

ぎっくり腰になったらアイシング、慢性的な腰痛の時は温めるのが有効です。

急性の時は冷やし、慢性的な症状は温熱療法がいいとされているからです。

つらいでしょうが試合や練習は中断し、改善するまで安静にしていましょう。

バレーボールのケガを改善するのに最も有効といえば、ストレッチです。

練習の有無や強度に関わらず、毎日ストレッチしておくことをおすすめします。

バレーボールのケガを予防するためにできること

・正しいフォームでバレーボールをおこなう
・基礎体力をつける
・物を持ち上げる時は腰を曲げるのではなく膝を曲げるようにする
・ストレッチ
・練習後に膝をアイシングする

バレーボールのケガを予防するためにも、上記のことに気をつけましょう。
所沢市・小手指・新所沢の榎町すこやか整骨院ではケガの施術はもちろんのこと、ケガから身を守る正しい知識もご紹介します。

当院だけの6つの特徴

症状の根本から施術
症状の根本から施術
表面上の施術ではなく、根本原因に対して、的確に施術を行っていきます。
分かりやすい説明
分かりやすい説明
現在のお身体がどういった状態で何が原因になっているかなどを誰にでもわかりやすくご説明いたします。
専門の医療機関と提携
専門の医療機関と提携
専門外の疾患が疑われる場合は、すぐに提携している専門の医療機関をご紹介いたします。
交通事故のトータルサポート
交通事故のトータルサポート
交通事故施術について、専門資格者がどのようなご質問に対してもお答えいたします。
スポーツ障害に特化
スポーツ障害に特化
今まで数多くのスポーツ選手のサポートをさせて頂いた実績がありますので、スポーツ障害の施術には絶対の自信があります。
介護支援専門員(ケアマネージャ)が在籍
介護支援専門員(ケアマネージャ)が在籍
当院には介護支援専門員(ケアマネージャ)が在籍しており、高齢者のお悩みに対応することが可能です。
初めての方へ
お客様の声