サッカー・フットサルによる怪我治療

サッカーでの足の痛みなら、所沢市・小手指・新所沢 榎町すこやか整骨院のサッカー治療

すこやか整骨院では、所沢のサッカーチームと提携しているため、サッカーやフットサルでケガをする患者様が多数いらっしゃいます。また、サッカーチームに、トレーニング指導やスポーツ栄養の講習会なども開催しております。

サッカーとフットサルの違い

サッカーは広いコートでプレイするのに対して、フットサルはコートが小さく少人数で行います。サッカーボールを使って行う競技ですが、ボールの大きさやルールも異なり、怪我やスポーツ障害にも違いが多少あります。
サッカーでは大腿部や膝、足首の関節にケガが多いのに対し、フットサルでは足関節や足部にケガが多いように感じます。これは、コートの大きさや、性質、履いている靴、ルールの影響が考えられます。

サッカーで多いケガ

サッカーでは、膝の靱帯損傷や半月板の損傷、足関節の捻挫、肉離れが多く見られます。
股関節の痛みでは、インサイドキックを多く行ったり、蹴り方の問題で鼡径部痛症候群(グロインぺイン症候群)になることがあります。
特にサッカーを行っている子供たちに多い障害は、成長痛です。代表的な成長痛は、膝のオスグット・シュラッター病と踵付近に起こるセーバー病の2つがあります。
いずれも骨がしっかりと出来ていない状態で過度な負担をかけたり、使い方に問題があるために起こってきます。
サッカーの競技の特性上、下半身の痛みが起きやすいですが、まずは痛みの改善を行い、筋力強化、柔軟性の向上、バランスを整えることを優先します。

  • 靭帯損傷(前十字・後十字・内側・外即)
  • 半月板損傷
  • 足関節捻挫
  • 肉離れ
  • アキレス腱断裂
  • 鼠蹊部症候群(グロインペイン症候群)
  • 内転筋痛
  • オスグットシュラッター病
  • セーバー病

サッカーは細かい動きによる身体への負担が多い

サッカーやフットサルは細かい動きが求められます。
コートの中で繰り返されるダッシュやストップ動作。これらを繰り返すために、膝や腰、足首などの関節への負担がかかってきます。
またスパイクによる影響もあります。捻挫や打撲といった外傷、さらには負担が溜まり続けてスポーツ障害を起こしてしまうこともありますので、所沢・新所沢・小手指の榎町すこやか整骨院のサッカー、フットサル治療でしっかりと治していきましょう。

サッカーの練習や試合前後の身体のケアに

所沢・新所沢・小手指の榎町すこやか整骨院のサッカー、フットサル治療は、痛みを素早く取り除くことはもちろんですが、日頃の身体のケアにもご活用いただけます。
サッカーの練習や試合前後のケアとしてサッカー治療を受けていただくことで怪我や障害の予防になるのです

サッカーでケガをしない為の予防法

再発予防とバランス強化を行います

サッカーでの痛みの予防として、バランスディスクを利用し、体幹や脚のバランス強化を行ったり、股関節の可動性強化、足首の安定性強化などを行い、痛みの再発に努めます。
鼠蹊部痛、股関節痛、膝痛、足関節痛など違和感がある場合は、お気軽にご相談ください

所沢・新所沢・小手指の榎町すこやか整骨院では専門のサッカー治療をおこなっております

当院へのアクセス情報

所在地〒359-1104 埼玉県所沢市榎町11-6
駐車場5台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号04-2924-3749
休診日木曜日・祝祭日